Feed2jsの使い方と注意点について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

以前の職場で10ページ程度のサイトをコーディングする機会があり、そのサイトはほぼ静的ページなのだが、お知らせページのみWordpressで更新できるような作りのものだった。

そしてお知らせの一覧をトップページに載せるということだったので、Feed2jsというフリーのツールを使用して実装することに。

その時の手順や注意点(はまったところ)について、まとめておきたいと思います。

Feed2jsの導入

Feed2jsは、特にダウンロードしてサーバーにアップしなくても簡単に導入できるのですが、今回は自社サーバーがあるのと多少のカスタマイズの必要があったので、そちらのやり方で説明を進めます。

  1. Feed2jsにアクセス
  2. DownloadタブをクリックしInstallationの「1. Get the Latest Source Code now available on GitHab」から GitHubをクリック
  3. Cloen or DownloadからDownload ZIPをクリックしダウンロードし解凍する
  4. 解凍したファイルをサーバの任意の場所にアップロード
  5.  以下のファイルのパーミッションを755に変更
    (パーミッションの設定はサーバーによって異なりますので、ご確認ください。)

    • build.php
    • feed2js.php
    • feed2js_config.php
    • magpie_debug.php
    • magpie_simple.php
    • nosource.php
    • preview.php
    • style.php
    • style_preview.php
  6. magpieディレクトリにある cache と cache_utf8 のパーミッションを 777に変更
  7. Feed2JS が正常に動作するかhttp://[あなたのサイトのdomain]/feed2js/magpie_debug.phpへアクセスしテストする

これでOKがでればインストール完了です。

RSSの設定

次に表示させるRSS設定を行うため、http://[あなたのサイトのdomain]/feed2js/build.phpへアクセスし以下を設定します。

  • URL
    表示させたい RSSフィードの URL を記入します。
  • Show channel?
    yes:タイトルと説明を表示/title:タイトルのみ表示/no:表示しない
  • Number of items to display
    記事の表示件数を設定します。0 の場合は RSS に記述された全てを表示
  • Show/Hide item descriptions? How much?
    各記事概要の表示文字数を設定します。
  • Use HTML in item display?
    内容中の HTML の処理の仕方
  • Show item posting date?
    日付表示
  • Time Zone Offset
    タイムゾーンの設定。日本の場合は、”+9″ を設定。RSS のタイムゾーンを使用する場合、”feed” を設定。
  • Target links in the new window?
    リンク先ページを表示するウィンドウを設定。
  • UTF-8 Character Encoding
    UTF-8 エンコードの可否。
  • Podcast enclosures
    RSS 2.0 フィードの enclosure 要素について、メディアファイルのリンクを表示
  • Custom CSS Class
    スタイルシートを適用するためのクラス名設定。

これらを設定し終わったら「Preview Feed」をクリックすれば実際の表示を確認できます。

これで問題ないようでしたらGenerate JavaScript」をクリックして、表示されたページ内の「Get Your Code Here」の下にある JavaScript をコピーして、サイトの表示したい位置に貼り付ければ完成。

 

Feed2js導入後の注意点

Feed2jsを導入後、Wordpressで記事を投稿したり削除したりしても上手くRSSを取得して表示できないという問題が発生し、完全にはまってしまいました。

なぜこのような事が起こったのかというと、インストールの際の「magpieディレクトリにある cache と cache_utf8 のパーミッションを 777に変更」が原因でした。
Feed2jsはキャッシュがかなり頑固にのこってしまい、なかなかリフレッシュしないようなのです。

この対処方法としては、cache と cache_utf8 のディレクトリごと削除するか、パーミッションを書き込み不可に設定することで、きちんと動作するようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。




コメントを残す

*